ページトップ

介護保険Q&A - 山口県介護・福祉施設ガイド - ぽっかぽかやまぐち

山口県介護・福祉施設ガイド - ぽっかぽかやまぐち

トップページ > > 介護保険Q&A
介護保険Q&A

Q 保険証を持っていますが、すぐに介護サービスを受けられますか?
  Q 介護保険は原則、住んでいる市町村の窓口に申請をして、要介護認定(介護の必要度)を受けてからでなければ利用できません。
ただし、急を要する場合(独り暮らしや老齢世帯で介護者がいない等)は、特例としてに申請前からサービスを受けることもできます。
その場合は窓口である市区町村役場か地域包括支援センターなどで相談してみましょう。
Q 訪問調査の時に家族は立ち会えますか?
  Q はい。立ち会うことができます。家族の立ち会いを希望される方は申請の際、窓口で受付け担当の係員へ伝えてください。日程や立ち会われる方のお名前などをお尋ねします。
Q 障がい福祉サービスを受けていますが介護保険サービスは受けられるのですか?
  Q 現在受けられている障がい福祉サービスの内容によりますが、同様のサービスが介護保険にあれば、介護保険サービスが障がい福祉サービスに優先して提供されます。
Q 有効期間内にサービスを受けている本人の状態が変化した場合は、どうすればよいのでしょう?
  Q 一度決定した要介護認定の有効期間内でも、要介護認定を変更するための申請を行うことができます。その結果、状態に変化が認められれば、要介護認定が変更される場合があります。但し、病状の変化が一時的なものではなく、一定期間継続する場合のみ申請してください。
Q 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)に入所を希望していますが、どこもいっぱいで順番待ちと言われました。 どうすればよいのでしょうか?
  Q 現在、介護保険施設の入所基準が改正され、必要度の高い人が優先的に入所できることとなっています。それぞれの介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)では、入所の必要性を客観的に判断するためのガイドラインを作成することになっていますので、施設にその内容を確認して下さい。
それでも施設へ入所できない場合は、担当のケアマネジャーへ相談したり、他の入所施設へ対象を広げたり、他のサービスを利用することも併せて考えてみてはいかがでしょうか?
Q 住宅改修で8万円しかかかりませんでした。残りの金額分は使えないのですか?
  Q 住宅改修の限度額は20万円です。一部の改修をして、8万円で済んでいるのであれば、残りの12万円分は今後新たな改修が必要となった時に使えます。
Q 保険料を滞納したらどうなるのですか?
  Q 介護サービスを利用する際に、給付の制限を受けることがあります。

【1年以上滞納した場合】
介護サービスを利用する際に通常は費用の1割負担ですが、一旦、利用者が全額を負担し、申請により後で保険給付(費用の9割)が支払われます。

【2年以上滞納した場合】
保険料の徴収権は2年で時効となります。この時効消滅した保険料に応じてサービスを利用する際に、利用者負担が3割に引き上げられたり、高額介護(介護予防)サービス費等の支給が受けられなくなります。
Q 災害により、保険料が支払えない時は...?
  Q
  • 風水害などの災害や火災などにより、住宅や家財またはその他の財産が著しい被害にあい、保険料が納められなくなった時には、保険料の減免等が受けられます。

  • その他、次のような特別な事情でも減免が受けられる場合がありますので、各区役所福祉課までご相談ください。
    生計維持者が死亡、心身に重大な障がいを受け、もしくは長期入院したことにより収入が著しく減少した時事業の廃止や失業などにより著しく収入が減少した時干ばつなどによる農作物の不作、不漁などの理由により著しく収入が減少した時
Q 介護老人保健施設ではオムツが無料だったのに、通所リハビリテーション(デイケア)ではオムツ代を請求されるのはなぜ?
  Q 介護老人保健施設や介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護療養型医療施設などの施設サービスならびに短期入所サービスでは、オムツ代やパット代はその他の費用と合わせて介護保険給付対象となっているため徴収されません。
一方、通所リハビリテーション(デイケア)では、オムツ代は「オムツ代およびオムツの処理費用ともに、その他の日常生活費として利用者から徴収してよい」ことになっていますので、通所介護や通所リハビリテーションでは「その他の日常生活費」としてオムツ代が徴収されます。
Q ヘルパーさんが頻繁に交代するために、調理器具の使い方や買い物など、何回も説明しなければならないのは大変!
  Q 曜日でヘルパーが交代することは考えられますが、理由もなく頻繁にヘルパーが替わることは、トラブル発生の元になりかねないので、あまり好ましくありません。質のよいサービスを提供するための契約の目的にも反することになります。<br />
ヘルパーの所属する事業所へ申し入れるか、担当のケアマネジャーへ相談して下さい。